ウォーターサーバーは優しい水

water

ウォーターサーバーを使うときに重要視されているのが、身体にとって優しい水であるかどうかです。人間の身体は実に60%が水によって構成されているため、水の量が不足したりよくない水が身体に蓄積されていくことは、健康を害することに直結します。
体内の水には、重要な働きが4つあります。それは「体内の化学変化に使われる」「体内の隅々まで栄養を運び、不要なものを排泄する」「体温の調整をする」「血液の濃度のバランスを保つ」ことです。水分の補給を十分に行わずに不足状態が長く続くと、体調不良を引き起こすだけでなく生命の危険をともなう状況にもなりかねません。体内で重要な役割をする水の力を知り、健康を心がけましょう。
私たちが食べ物を食べると、食物は体内で化学変化を起こして栄養となります。この栄養を作る化学変化には水が使われているのです。また水は身体の隅々まで栄養を運び、不要なものを排泄する作用があります。水があることによって、栄養物・ホルモン・体内の排泄物が血液に入り込み、適切な部分へと循環してゆきます。
また水には温まりやすく冷めにくい性質があるので、体内にとどめておくことで体温を一定に保つことができます。体温が高くなると、水分が体表から蒸発する気化熱を利用する汗が流れます。また水が足りなくなると脱水症状や熱中症になりやすくなります。水分が不足し体内の血液の濃度が高くなると、血液ドロドロの状態になります。これは脳梗塞や脳血栓の原因となります。血液をサラサラにするためには、水分補給をこころがけましょう。